1. トップ
  2. データ・資料
  3. カスペルスキー、ロボットが人間の行動に与える影響と潜在的なリスク

2019年11月8日

カスペルスキー、ロボットが人間の行動に与える影響と潜在的なリスク

カスペルスキーは7日、ソーシャルロボットが社会に浸透した未来におけるセキュリティへの影響を調査した結果を公開した。

カスペルスキーとベルギーのゲント大学は、ソーシャルロボットが人間を説得したり操ったりできる可能性に関する実証実験を行った。その結果、ロボットが人間をうまく説得して安全でない行為をさせたり、機密情報を入手できたりすることが明らかになった。

ソーシャルロボットは、言葉による会話や非言語的意思疎通など、人間と同じような手段を使ってコミュニケーションできるように設計・プログラミングされている。ソーシャルロボットはハッキングされる可能性もあり、攻撃者がロボットの操作権限を握った場合にはさまざまな行動をとることができる。

検証の第1部では、複合ビルへの入り口付近にロボットを配置し、通りかかったスタッフに「一緒に入って良いか」と訊ねた。入るためにはドアのアクセスリーダーにセキュリティパスを接触させなければならないが、およそ50人の被験者のうち40%がドアを解錠してロボットを立ち入り禁止エリアに入れてしまった。さらに、ロボットに有名な宅配ピザ店の箱を持たせてピザの配達員とした場合、ロボットの役割をすんなり受け入れ、立ち入り禁止エリアに入る理由に疑問を抱きにくくなる傾向が見られた。

検証の第2部では、パスワードのリセットによく使われる個人情報(生年月日、初めて買った車のメーカー、好きな色など)の入手について調査した。ソーシャルロボットを使用して親しく会話をするために人々を招待すると、被験者のうち1人を除く全員の個人情報を1分に1つの割合で入手することに成功したという。

関連URL

検証の詳細(英語)

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス