1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学研、個別学習塾「G-PAPILS」が『日本e-Learning大賞』AI・人工知能特別部門賞を受賞

2019年11月8日

学研、個別学習塾「G-PAPILS」が『日本e-Learning大賞』AI・人工知能特別部門賞を受賞

学研ホールディングスのグループ会社である学研エル・スタッフィングが運営する個別学習塾「G-PAPILS(ジー・パピルス)」は7日、 教科指導のシステムだけでなく、学習習慣の定着システムとの連携と、AIを活用したエビデンスに基づき独自メソッドのメンタリングを行っていることをアピールし、2019年度『日本e-Learning大賞』AI・人工知能特別部門賞を受賞したと発表した。

G-PAPILSは、授業映像とAIを活用した教務システムで「講師不要の個別学習塾」として全国でFC展開している。G-PAPILSでは、AIを活用したプリント作成システム「GPLS」で教材の個別最適化と「学習ポジション(カリキュラム進度+単元理解度)」の可視化を行う。

学習者は、タブレットで授業映像とテキスト等で「わかった!」を確認し、AIが作成した次に取り組むべきプリント教材を解くことによって「できた!」を体験。さらに、メンターがAIの分析データをエビデンスにして各学習者に「ささる」メンタリングを行い、モチベーションをキープする。G-PAPILSではAIを活用し、学習者一人ひとりの傾向を分析することで、合理的な学習を実現させたという。

表彰式は、11月13日~15日に御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで行われる、 eラーニングアワード2019フォーラムで行われる。

『日本e-Learning大賞』は、企業・学校・自治体などにおける、eラーニングを活用したコンテンツ・サービス・ソリューションの中からとくに優れたものをe-Learning Initiative Japanが選出するもので、 教育をテーマとしたアワード毎年大きな注目を集めている。

関連URL

学研ホールディングス

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス