1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学研、個別学習塾「G-PAPILS」が『日本e-Learning大賞』AI・人工知能特別部門賞を受賞

2019年11月8日

学研、個別学習塾「G-PAPILS」が『日本e-Learning大賞』AI・人工知能特別部門賞を受賞

学研ホールディングスのグループ会社である学研エル・スタッフィングが運営する個別学習塾「G-PAPILS(ジー・パピルス)」は7日、 教科指導のシステムだけでなく、学習習慣の定着システムとの連携と、AIを活用したエビデンスに基づき独自メソッドのメンタリングを行っていることをアピールし、2019年度『日本e-Learning大賞』AI・人工知能特別部門賞を受賞したと発表した。

G-PAPILSは、授業映像とAIを活用した教務システムで「講師不要の個別学習塾」として全国でFC展開している。G-PAPILSでは、AIを活用したプリント作成システム「GPLS」で教材の個別最適化と「学習ポジション(カリキュラム進度+単元理解度)」の可視化を行う。

学習者は、タブレットで授業映像とテキスト等で「わかった!」を確認し、AIが作成した次に取り組むべきプリント教材を解くことによって「できた!」を体験。さらに、メンターがAIの分析データをエビデンスにして各学習者に「ささる」メンタリングを行い、モチベーションをキープする。G-PAPILSではAIを活用し、学習者一人ひとりの傾向を分析することで、合理的な学習を実現させたという。

表彰式は、11月13日~15日に御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで行われる、 eラーニングアワード2019フォーラムで行われる。

『日本e-Learning大賞』は、企業・学校・自治体などにおける、eラーニングを活用したコンテンツ・サービス・ソリューションの中からとくに優れたものをe-Learning Initiative Japanが選出するもので、 教育をテーマとしたアワード毎年大きな注目を集めている。

関連URL

学研ホールディングス

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
Rakuten Communications 詳細はこちら GIGAスクールプラン 授業のICT化をサポート 用途に合わせたSIMカードをご提供
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス