1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スペースシフトと独UP42、AI活用し衛星データ解析技術を世界市場に提供

2019年11月11日

スペースシフトと独UP42、AI活用し衛星データ解析技術を世界市場に提供

スペースシフトは8日、ドイツ・ベルリンに拠点を置く衛星データプラットフォーム企業「UP42」(ユーピーフォーティートゥ)と業務提携に合意し、今後、AIを活用して「衛星データ解析技術」を世界市場に提供していくと発表した。

今回の業務提携は、スペースシフトが開発したレーダー衛星データ解析技術を、UP42が運用する衛星データプラットフォームで、世界に向けて提供していこうというもの。

年内にも、全世界のUP42のユーザーが利用できるようになる予定。なお、UP42のレーダー衛星データ解析技術の提供は、今回が世界初だという。

スペースシフトが開発した新たな方式は、専門家でも判読が難しいとされるレーダー衛星の画像をAIで自動解析できる。

一方、UP42のプラットフォームは、サービス公開当初からレーダー衛星を含む、15種類を超える様々な衛星データをプラットフォーム上のインターフェイスから容易に選択でき、処理の対象期間や範囲も直感的なインターフェイスで自由に設定できる。

これらのデータを、様々なプロバイダーから提供されたアルゴリズムと組み合わせることで、ユーザーが望む処理をクラウド上ですべて完結して行うことができる。

スペースシフトが開発したレーダー衛星データ解析アルゴリズムの採用で、UP42の世界中のユーザーがレーダー衛星データの解析を自在に行うことができるようになる。

提供されるアルゴリズムの1つが建築物検知。スペースシフトが開発したアルゴリズムは、雲を透過して観測ができるレーダー衛星の画像をAIを使って解析することで、自動的に新たに建設された建築物だけを高精度に抽出できるようにした。

今後、UP42のプラットフォームには様々なレーダー衛星からのデータが供給される予定で、それぞれの衛星に最適化したアルゴリズムを提供していく。

UP42は、今年9月17日にサービスが公開された衛星データプラットフォーム企業で、世界的な航空宇宙企業「AIRBUS社」の100%子会社として設立された。

関連URL

レーダー衛星データAI自動解析システム

スペースシフト

UP42 GmbH

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス