1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 小牧市教委、フルノシステムズの無線LANアクセスポイントを導入

2019年11月27日

小牧市教委、フルノシステムズの無線LANアクセスポイントを導入

フルノシステムズは26日、同社の業務用無線LANアクセスポイント「ACERA(アセラ)シリーズ」が、愛知県小牧市の小中学校のICT基盤整備に伴い、小牧市教育委員会に導入された、と発表した。


同市では、2017年度から校務支援用として職員室に無線LANアクセスポイント(AP)を順次導入。

続く2018年度に小学校、そして2019年度に中学校の全ての教室に、電子黒板などの大型スクリーンにタブレット端末の画面や映像を投影する機能(ミラーリング機能)を備えた同社の動画対応AP「ACERA 950」を整備した。

今年9月時点で、小学校で427台、中学校で246台の動画APが稼働。校務支援用としては、汎用AP「ACERA 1010」が各校の職員室や校長室に合計116台設置されている。

また同市では、今年8月から2022年3月にかけて、「ICT教育 モデル校事業」を実施。大城小学校や味岡中学校など、合計4校の小中学校を対象に進めるプロジェクトで、鉛筆やノートと同様に、ICTをひとつの道具・手段として効果的に活用する方法を検証する。

モデル校がリードしてICT機器の利用環境や教育ソフトウェア・コンテンツの検証を進め、他校への効果の波及を目指す。

同市は、名古屋市の北部に位置する人口約15万人の自治体。市内には公立小学校が16校、中学校が9校あり、約1万3000人の児童生徒たちが学んでいる。

関連URL

小牧市教育委員会

フルノシステムズ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi “主体的に学ぶ力”をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! アルバム機能 学びの振り返り機能 詳細はこちら
ICTクラブ大泉学園 情報活用能力を育む STEAM系「21世紀コース」 プログラミングだけじゃない!

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス