1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 神奈川県教委、フルノシステムズの無線LANアクセスポイントを導入

2020年9月4日

神奈川県教委、フルノシステムズの無線LANアクセスポイントを導入

フルノシステムズは3日、神奈川県下の公立高等学校のICT基盤整備において、無線LANアクセスポイント「ACERA(アセラ)シリーズ」が導入されたと発表した。

神奈川県教育委員会では、教育ICT環境整備の一環として、2018年度から県内の高等学校144校(中等教育学校2校を含む)で、生徒が所有しているスマートフォンを学習ツールとして活用するBYOD(Bring Your Own Device)方式の導入整備を進めている。各学校で1千台規模の端末を接続するBYOD方式を実現するための通信基盤として、合計で約2千200台のACERAを144校に配備した。

1校当たり1千台規模の端末接続が想定されることから、校内無線LANを構築する上で多台数端末を安定して接続できる性能が求められた。研究推進校で各メーカーのアクセスポイントを用いて検証した結果、多台数接続とセキュアな通信環境を実現する、安心して使えるアクセスポイントとしてフルノシステムズのACERAが採用された。

BYODの運用方法として、スマートフォンのMACアドレスを利用した接続管理を実施している。MACアドレスを認証できる不正接続検知センサーを介して、登録申請をしたスマートフォンのみ校内無線LANへの接続を許可する仕組み。同教育委員会では、専用の不正端末接続防止ソリューションを活用したMACアドレス認証システムを導入している。

同社は、無線LANシステム分野のリーディングカンパニー。無線ハンディターミナルをはじめ、無線LAN構築には欠かせないモバイル&ワイヤレスソリューションを提供している。さらには、エンジニアリングサービス(ネットワーク設計、構築、管理など)までもサポートすることで、トータルなワンストップソリューションを実現する。無線ネットワーク管理システム『UNIFAS(ユニファス)』およびネットワーク機器『ACERA(アセラ)シリーズ』は、国内メーカーである高い品質と技術、充実したアフターサービスが評価され、オフィスや学校、公共施設においてシェアが拡大しているという。

関連URL

フルノシステムズ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス