1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「る」社、埼玉の特別支援学校と共同で「AR活用した自立活動」の取組み実施

2019年12月3日

「る」社、埼玉の特別支援学校と共同で「AR活用した自立活動」の取組み実施

「る」社は、埼玉県立本庄特別支援学校と共同で、ARテクノロジー「掃除機をどこまでかけたかわかるAR」を用いた、自閉症児を対象とした自立活動のための取組みを、今年から実施している。


取組み当時、同支援学校6年3組所属のKTくんに、同ARテクノロジーを使った自立活動の授業を実施してもらった。

同ARテクノロジーの導入前は、1人では掃除機をかけるべき面積の約30%未満しかかけられないため、レーザーポインターでの指示や紙テープでの細かいエリア分けなどの補助が必要だった。

ところが、同ARテクノロジーの導入後は、1人でも掃除機を問題なくかけることができるようになった。

通常、保護者などからの支援が必要である清掃活動を、人的支援なしで活動できるようになったという。

同ARテクノロジーは、同社が開発した視覚化アプリケーション。市販の掃除機にiPhoneをマウントすることで、掃除機をかけた領域を視覚化し、ARでカメラ映像に重ねて表示することができる。

同支援学校は、本庄市、上里町、神川町、美里町、深谷市を学区域とする知的障がい特別支援学校。

また「る」社は、まだ名前のついていない体験を、世の中でカタチにしていくことを目指す企業。AR技術に限らず、IoT製品の開発や、展示会向けのコンテンツ制作、製品プロトタイプ制作、広告プロモーションなど様々なチャレンジに、テクニカルを武器に挑んでいる。

関連URL

「自立活動のための取組み」

「掃除機をどこまでかけたかわかるAR」

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi連携サービス 英語4技能 探求学習 プログラミング 他多数 Classi IDで利用可! まずはトライアル
ICTクラブ大泉学園 情報活用能力を育む STEAM系「21世紀コース」 プログラミングだけじゃない!

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス