1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 凸版印刷とフレーベル館、「えほん×アプリ」で考える力育む学習サービス開発

2019年12月3日

凸版印刷とフレーベル館、「えほん×アプリ」で考える力育む学習サービス開発

凸版印刷とグループ会社のフレーベル館は2日、アナログ教材(絵本)とデジタル教材(アプリ)の組み合わせで、親子で一緒に子どもの自ら考える力を育む幼児向け家庭学習支援サービス「できるーと」を開発した、と発表した。


その第1弾として、小学校の算数学習の基礎となる力を養う「できるーと~かずシリーズ~」全3巻を、2020年1月からフレーベル館で販売を開始する。

「できるーと」は、アナログ教材とデジタル教材の特徴を活かした3つのツール(「ワークえほん」「ワークアプリ」「おうえんアプリ」)を組み合わせ、親と子の2人3脚で学ぶ学習支援サービス。

「ワークえほん」ツールは、全面フルカラーの、ストーリー性を重視した内容。「書く・貼る・切る」などのワークを楽しみながら親子で一緒に取り組むことで、基礎を学ぶことができる絵本タイプのアナログ教材。

「かず1」(集合・順序:66ページ全面カラー)、「かず2」(たし算・ひき算・いろいろな数:66ページ全面カラー)、「かず3」(比較・図形:70ページ全面カラー)、の3つのラインアップがある。対象年齢は4・5・6歳で、定価は各1500円(アプリ利用料を含む)+税。

「ワークアプリ」ツールは、タブレット端末を使い、子どもが自分の力で、解き方を工夫しながら多くの問題にチャレンジしたり、作問して保護者に出題したりすることで、豊かな思考力・発想力を育む発展学習ができるデジタル教材。

また、「おうえんアプリ」ツールは、子どもの習熟度をリアルタイムで通知し、子どもの間違え方に合わせた最適な「教え方」や、子どもの頑張ったポイントに合わせて保護者の適切な「ほめ方」をサポートするアプリ。

「ワークアプリ」と「おうえんアプリ」は、「ワークえほん」購入者だけが利用できる。

関連URL

「できるーと」

凸版印刷

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス