1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 九州発の民間レーダー衛星「イザナギ」、インドで打ち上げ成功

2019年12月12日

九州発の民間レーダー衛星「イザナギ」、インドで打ち上げ成功

QPS研究所(福岡県)と九州の地場企業約20社が開発・製造した小型SAR衛星1号機「イザナギ」が、日本時間12月11日18時55分、インドのアーンドラ・プラデーシュ州のシューリハリコータにある「サティシュ・ダワン宇宙センター」から、インドの主力ロケット「PSLV(Polar Satellite Launch Vehicle)」のC48に搭載され、予定通りに打ち上げられた。

打ち上げ開始から16分26秒50後に主衛星「RISAT-2BR1」が切り離され、17分26秒50後に「イザナギ」が切り離され、打ち上げは成功した。

「イザナギ」は打ち上げ後、軌道に投入され、翌朝に地上との初交信のタイミングを迎える。アンテナを開いた後、データの観測を始め、数カ月かけてシステムの調整を行う。初データは九州上空で撮影する予定で、その後の詳細については順次発表される。

2020年前半には2号機である「イザナミ」の打上げが計画されている。さらに、その4年後ごろを目標に、36機のSAR衛星を打ち上げてコンステレーションを組み、世界中のほぼどこでも約10分で地球を観測することができる世界を構築するという。

小型衛星の開発・設計・製造・打ち上げまでを担える企業は日本では少なく、同研究所の設計・開発能力、ならびに宇宙機器製造に長けた九州地場企業のネットワークがもたらす製造技術は高い評価を受けている。

今回、同研究所は収納性が高く、超軽量でありながら大型のアンテナ(特許取得)を開発。そのアンテナによって強い電波を出すことが可能になり、小型SAR衛星1号機「イザナギ」の開発に成功した。

また、今回の打ち上げに伴い、11日18時過ぎから、福岡県庁ロビー1階でパブリックビューイングを実施。

打ち上げの様子を大型モニターで見ながら、同研究所創業者・研究所長・九州大学名誉教授の八坂哲雄氏らが、今回のプロジェクトの背景や開発秘話などを解説した。

関連URL

QPS研究所

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス