1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日経電子版、「最長2月末まで無料」になる初割キャンペーン実施

2019年12月23日

日経電子版、「最長2月末まで無料」になる初割キャンペーン実施

日本経済新聞社は、同社の日経電子版が最長で来年2月末まで無料になる「初割」キャンペーンを、12月20日~2020年1月24日まで実施する。


対象は、電子版単体、Wプランで申込んだ読者で、キャンペーン期間中に申込むと、電子版単体は2020年2月末まで、日経Wプランは電子版部分の料金が3月末まで無料になる。

ただし、今年7月以降に日経電子版を無料体験済みの場合、初割の無料期間は1月末まで。また、無料期間中に解約しても解約金はかからない。

日経電子版を契約している有料会員は、電子版の記事・機能をすべて利用できる。初回申込時に適用される1カ月無料体験に加え、初割でさらにお得に購読できる。

無料になる対象は、日経電子版単体の場合は月額4277円(税込み)、日本経済新聞と電子版がセットの「日経Wプラン」は電子版部分の月額1000円(同)。

また、セットでお得な商品(日経産業新聞・日経MJ・日経ヴェリタスの各紙面ビューアー、日経人事ウオッチ、日経Goodayマイドクター、日経クロストレンド、日経ビジネス電子版セット)も、期間中に契約すると2月末まで無料になる。

ただし、今年7月以降に無料体験済みの場合、初割の無料期間は1月末まで。日経電子版と同様、無料期間中に解約しても解約金はかからない。

日経電子版は2020年3月23日に創刊10周年を迎える。紙の新聞をいつでも、コンパクトに読める便利さはそのままに、ニュースを鋭く解説する電子版独自コンテンツをさらに充実させていくという。

関連URL

「初割キャンペーン」詳細・申込み

日経電子版

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス