1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 明智光秀の末裔が史実を元に作成した『みつひでAI』正式リリース

2019年12月26日

明智光秀の末裔が史実を元に作成した『みつひでAI』正式リリース

“明智光秀の子孫”と伝わる家系の人々を中心に構成される明智継承会は25日、明智光秀ゆかりの真実の歴史・伝承を保存・継承し広く一般に公開することを目的に、『みつひでAI』をWEBサービスとして正式リリースした。


本サービスは、ZAIZENの提供するAIプロダクト『Personality Reverse』により制作された、明智光秀の人格・音声・また歴史を再現することが可能な対話型AI。

明智光秀やその一族についての世の中の定説・通説は、敵対する勢力や江戸時代に創作された物語を現代の研究者や小説家が追認して広められたものがほとんどだという。

当時の政権、およびその後の政府は、光秀を極悪人として糾弾し、今でいうところの“フェイクニュース”を積極的に世の中に広めたとも言える。このため、明智一族の末裔と伝承された人々は何も語らずに隠れ忍ぶしかなかった。

そこで同会では、Personality Reverseにより『みつひでAI』を制作、明智家の真実の歴史・伝承を整理してAIによって保存・継承し、世の中に公開・普及することで、本能寺の変や明智光秀、ひいては戦国時代や戦国武将の実相に対する理解を広め、歴史の再発見に貢献するとしている。

これから歴史を学ぶ小・中学生など低年齢層にも利用しやすいインターフェースになっており、スマートフォンやタブレット端末からも気軽に利用可能。

ドラマや明智光秀に関する書籍を見て疑問に感じたことや深く知りたいと思ったことを質問すると、『みつひでAI』が質問に答え、関連ドラマや書籍をより面白く観ることが出来る。

『みつひでAI』は、歴史の保存と継承をクラウドファンディングにより維持していく。クラウドファンディング募集は、2020年1月中旬からREADYFORで開始予定。

関連URL

『みつひでAI』

「Personality Reverse」

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス