1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Yondemy、子ども向け読書教育の習い事サービス「ヨンデミーオンライン」正式リリース

2020年12月24日

Yondemy、子ども向け読書教育の習い事サービス「ヨンデミーオンライン」正式リリース

Yondemyは23日、子ども向け完全オンライン読書教育の習い事サービス「ヨンデミーオンライン」を正式にリリースしたことと併せて、W venturesおよびF Venturesを引受先とする第三者割当増資をシードラウンドにて実施したことを発表した。これを記念し、1カ月間無料でサービスが体験できる「冬休み家読応援キャンペーン」を1月14日までの期間限定で受付る。

同サービスは、5〜14歳を対象とした、月額定額制の完全オンライン読書教育の習い事サービス。一人ひとりの興味・読書力に寄り添った選書指導、「本の楽しみ方」などが学べるクイズ式レッスン、ゲーミフィケーションやコミュニティを活かしたモチベーション設計などの特徴を持つ。ヨンデミ-講師の選書ノウハウを再現した独自開発の「AI司書」に加え、全国の司書との協働体制のもと、同社が独自に分析した1千冊以上の児童書データを活用することで、「読書好きへの入り口」である「お気に入りの一冊との出会い」を届ける。

若者の活字離れが指摘される昨今、「読み聞かせ」のGoogle検索数が直近10年間で約4倍になるなど、読書の教育的重要性の認知は拡大している。一方で、2015〜2020年の5年間で小学生の1日あたりインターネット使用時間(ゲーム・動画視聴を含む)は約1時間増加しており、7割以上の小学生が週に1冊も本を読まないなど、読書離れも進んでいる。

しかし、国内における読書指導・体験は家庭環境に依存傾向にあり、読書について読み聞かせ以後のサポートがないことは、家庭間の教育格差という社会問題を生み出す大きな要因であると考えられている。

こうした背景から、同社では「日本中の子どもたちへ豊かな読書体験を届ける」というMissionを掲げ、自動化・オンライン化された読書教育を個別最適化して提供するべく、同サービスの開発・運営に取り組んできた。同社は習い事の選択肢としての「読書」が当たり前となることで、日本中の子どもたちにとって「学び」がより楽しく、より身近なものとなる世界の実現を目指すという。

関連URL

Yondemy

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス