1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. オンライン英会話アプリ「ネイティブキャンプ」、講師の国籍が120カ国を突破

2020年12月24日

オンライン英会話アプリ「ネイティブキャンプ」、講師の国籍が120カ国を突破

ネイティブキャンプは23日、同社のオンライン英会話アプリ「ネイティブキャンプ」の講師の国籍が120カ国を突破したと発表した。


同社では、サービス開始当初、英語運用能力が高いフィリピンから講師の採用を始め、2017年9月からはヨーロッパ地域を皮切りに、世界中の講師の採用を開始。今回、登録講師の国籍が120カ国を超えた。

講師の特徴をみると、ネイティブ講師からは、ネイティブスピーカーならではの英語の話し方を学ぶことができる。ネイティブのレッスンであれば、ネイティブ特有のスラングやシーン別の自然な言い回し・通常話す英語のスピード・本場の発音チェックなどを実際に教わり、体験することができる。

ヨーロッパ地域の講師は、小学校から本格的な英語教育を始めているため、若い人を中心にネイティブレベルの英語を話すことができる。英語学習者が間違えやすいクセや上達のポイントを知っており、英語を教えることに長けている。

また、日本人講師によるレッスンでは、日本人の英語の特徴を理解している講師だからこそ、的確なアドバイスや説明をすることができる。英語学習が初めての人でも、日本語でのサポートがあるので、安心して利用できる。

フィリピン人講師は、フレンドリーで親しみやすく、話しやすい講師が多く、楽しくリラックスしてレッスンを受講できる。フィリピン人は、英語を学ぶ人が持つ疑問や英語力を伸ばすうえで突き当たる壁、英語を流暢に話せるようになるまでの実体験を持っており、それぞれの経験を生かしながら英語を教えているという。

ネイティブキャンプは、「レッスン回数無制限・予約不要」の独自のサービスで英会話が受講できる定額制オンライン英会話アプリ。2015年6月にサブスクリプション英会話サービスを開始後、およそ5年4カ月で世界累計利用者数が60万人を突破。

関連URL

「ネイティブキャンプ」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス