1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 総務省、「異能vation」に係る業務実施機関を公募 25日締切

2020年1月23日

総務省、「異能vation」に係る業務実施機関を公募 25日締切

総務省では、「人工知能には予想もつかないような、これまでにない課題で未来を拓く方々を“発掘”し、破壊的な地球規模の価値創造を生み出すために、大いなる可能性がある奇想天外でアンビシャスな技術課題への挑戦を支援し、異色多様な“挑戦”を地球の隅々まで発信」する「異能vation」に係る業務実施機関を公募している。

我が国発の破壊的イノベーションが生まれるためには、まずは、既存の常識から見て「変わった」発想の芽が自然に育つ苗代、異色多様性を受け入れ認める文化、失敗をおそれず果敢に挑戦できる雰囲気等が必要になる。また、生を受けた破壊的イノベーションの芽が大きく成長するために、爆発的な地球規模の発信が力となる。

総務省では、奇想天外でアンビシャスな技術課題に失敗をおそれずに挑戦する人(通称:へんな人)を支援する「異能(Inno)vation」プログラムを2014年度から実施している。人工知能でもできる「既知の正解を探し出す力」よりも、「これまでにない(=人工知能には予想もつかない)課題を発見し未来を拓く力」で「何もない0のところに、新たな1を創造する」ようなことに好奇心を持って取り組む人々を「発掘・育成」し、「挑戦」を通じて生まれた我が国発の破壊的イノベーションの芽を地球規模で「情報発信」することを支援する同プログラムの業務実施機関を公募する。

公募概要

1.公募対象者
異能vationの業務実施機関を担うことが可能な企業・団体等
※今回の公募は、業務実施機関を公募によって選定するためのもの。技術課題に挑戦する者の公募ではない。技術課題に挑戦する者の公募は、業務実施機関の決定以降に開始する予定。
2.公募期間
2020年1月22日(水)から同年2月25日(火)17:00まで(必着)
3.公募する業務内容
本業務の内容は、「異能vation」業務実施機関公募要領PDF及び「異能vation」業務実施機関業務実施要領PDFを参照。
なお、本公募は、2020年度予算成立後速やかに業務を開始できるようにするため、予算成立前に募集の手続を行うもの。委託先候補の選定や予算の執行は、2020年度予算の成立が前提であり、今後、内容等が変更になることがある。
4.公募を行う業務実施機関の実施予定額
2020年度においては、300百万円(一般管理費、消費税及び地方消費税を含む。)を超えない範囲で総務省が相当と認める金額として決定される。

公募の詳細・応募方法

関連URL

総務省

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務支援システムの二要素認証ログイン 長野県教育委員会 導入事例 シンプルでわかりやすい! 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の安否確認に
  • BYOD予備機にも最適! 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン実施中 lockncharge
  • Microsoft Surface 生徒の学びのためのSurface Laptop SE NEW 税抜2万円台~
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス