1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 総務省、「異能vation」に係る業務実施機関を公募 25日締切

2020年1月23日

総務省、「異能vation」に係る業務実施機関を公募 25日締切

総務省では、「人工知能には予想もつかないような、これまでにない課題で未来を拓く方々を“発掘”し、破壊的な地球規模の価値創造を生み出すために、大いなる可能性がある奇想天外でアンビシャスな技術課題への挑戦を支援し、異色多様な“挑戦”を地球の隅々まで発信」する「異能vation」に係る業務実施機関を公募している。

我が国発の破壊的イノベーションが生まれるためには、まずは、既存の常識から見て「変わった」発想の芽が自然に育つ苗代、異色多様性を受け入れ認める文化、失敗をおそれず果敢に挑戦できる雰囲気等が必要になる。また、生を受けた破壊的イノベーションの芽が大きく成長するために、爆発的な地球規模の発信が力となる。

総務省では、奇想天外でアンビシャスな技術課題に失敗をおそれずに挑戦する人(通称:へんな人)を支援する「異能(Inno)vation」プログラムを2014年度から実施している。人工知能でもできる「既知の正解を探し出す力」よりも、「これまでにない(=人工知能には予想もつかない)課題を発見し未来を拓く力」で「何もない0のところに、新たな1を創造する」ようなことに好奇心を持って取り組む人々を「発掘・育成」し、「挑戦」を通じて生まれた我が国発の破壊的イノベーションの芽を地球規模で「情報発信」することを支援する同プログラムの業務実施機関を公募する。

公募概要

1.公募対象者
異能vationの業務実施機関を担うことが可能な企業・団体等
※今回の公募は、業務実施機関を公募によって選定するためのもの。技術課題に挑戦する者の公募ではない。技術課題に挑戦する者の公募は、業務実施機関の決定以降に開始する予定。
2.公募期間
2020年1月22日(水)から同年2月25日(火)17:00まで(必着)
3.公募する業務内容
本業務の内容は、「異能vation」業務実施機関公募要領PDF及び「異能vation」業務実施機関業務実施要領PDFを参照。
なお、本公募は、2020年度予算成立後速やかに業務を開始できるようにするため、予算成立前に募集の手続を行うもの。委託先候補の選定や予算の執行は、2020年度予算の成立が前提であり、今後、内容等が変更になることがある。
4.公募を行う業務実施機関の実施予定額
2020年度においては、300百万円(一般管理費、消費税及び地方消費税を含む。)を超えない範囲で総務省が相当と認める金額として決定される。

公募の詳細・応募方法

関連URL

総務省

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス