1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スキルアップAI、新講座「現場で使える自然言語処理基礎」を開講

2020年2月7日

スキルアップAI、新講座「現場で使える自然言語処理基礎」を開講

スキルアップAIは6日、自然言語処理のビジネス活用を支援する新講座「現場で使える自然言語処理基礎」を開講した。

この新講座では、NLP(natural language processing:ディープラーニングに基づく自然言語処理)の伝統的な手法から最先端手法までを幅広く取り上げ、それらに共通する昨今の自然言語処理の核となる考え方を、NLP開発経験豊富な現場のスペシャリストが解説する。

NLP技術のトレンドや特定の処理に依存しない普遍的な自然言語処理の考え方や、教科書にはない最新フレームワークを活用した実装スキルをハンズオン形式で習得できる。

講座カリキュラムは、NLPとは、デモ用データセット: livedoorニュースコーパス、形態素解析、Bag of Words、PyTorch、Word2Vec、BERT、GCP AutoMLという内容。

同講座の実践編として、5月に、ハンズオン中心の「自然言語処理実践」講座の開講を予定している。

同社はこれまで、実務経験豊富な講師による質の高い講座を展開。累計5000人以上の受講者、400社以上に教育プログラムを提供。

具体的には、ディープラーニングのエキスパート向けのE資格受験に対応した「ディープラーニング講座」や、AIをビジネス価値に繋げるための基礎力を身につける「AIジェネラリスト講座」を中心に10種類以上の研修を実施している。

新講座概要

講座時間:6時間
対面講座:①対面講義、②教材
オンライン講座:①学習用動画、②教材
料金(税別):3万円/1人
定員:25人(最少催行人数10人)

詳細・申込

関連URL

スキルアップAI

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス