1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. HADO高校生日本一決定戦「H20」に先駆けた体験イベントを福岡で開催

2020年2月10日

HADO高校生日本一決定戦「H20」に先駆けた体験イベントを福岡で開催

meleapは、2021年に開催予定の、AR技術を使ったスポーツ「HADO(ハドー)」の高校生日本一決定戦「H20」に先駆けて、15・16日に、福岡県内の各会場で、トーナメント方式の高校生限定HADO体験イベントを開催する。

HADOは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、AR技術を使ったスポーツ。

3対3のチームに分かれ、エナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦する。

現在、同社はHADOシリーズをアジア、北米、南米、ヨーロッパ、中東、アフリカなど世界26カ国65箇所で店舗を展開。延べ160万人以上が体験している。

「H20」は、HADOの高校生日本一を決める大会で、来年開催予定。関東、東海、近畿、九州の各地域で予選を開催。勝ち抜いた高校によるトーナメントを行って日本一を決める。

体験イベント開催概要

■2月15日(土)15:00~18:00(開場14:30)
開催会場:国際学園九州医療スポーツ専門学校・馬借校舎[福岡県北九州市小倉北区馬借1丁目1-2]
定員:先着4校
■2月16日(日)13:00~16:00(開場12:30)
開催会場:福岡第一高等学校(校内噴水前に集合)[福岡市南区玉川町22-1]
定員:先着4校

参照:参加費はいずれも無料、エントリーは高校1校につき1チーム(3人以上)まで、当日は必ず教員が引率。

詳細・申込

関連URL

「H20」

meleap

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス