1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ARスポーツ大会「HADO WORLD CUP」、14チームが激闘

2018年12月11日

ARスポーツ大会「HADO WORLD CUP」、14チームが激闘

meleapは8日、ARを使ったテクノスポーツ「HADO」の世界大会「HADO WORLD CUP 2018」を東京・港区のスターライズタワーで開催した。

d20005-65-412124-0「HADO」は、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、最新のAR技術を使ったスポーツ。

3対3のチームでエナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦する。

今回で3回目となる「HADO WORLD CUP 2018」には、各国で開催された予選大会を勝ち抜いた14チームが出場。今年は日本からの8チームに加え、イギリス、香港、韓国、マレーシア、シンガポール、インドネシアから、賞金総額300万円を目指してチームが参加した。

激戦の末、「わちゃわちゃ☆ピーポー」が優勝と1位賞金200万円を勝ち取った。また、イベントではアイドルグループ「バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI」などのゲストによるエキシビションも行われた。

関連URL

HADO WORLD CUP

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス