1. トップ
  2. 学校・団体
  3. クラーク高×小学館、無償開放中のスマホ教材に「小テスト」を追加

2020年3月16日

クラーク高×小学館、無償開放中のスマホ教材に「小テスト」を追加

クラーク記念国際高と小学館は、新型コロナウイルスによる「休校」を受けて無償開放しているスマホ・タブレット教材「基礎力ステップアップコンテンツ(SUC)」に、13日から新たにコンテンツに準拠した「小テスト」を追加公開した。

SUCは、中学〜高校入学までの義務教育分野の学び直しとして、クラーク高と小学館が共同開発したスマホ・タブレット教材。

「WEB上で自分の弱点(過去履修してきたのに理解していない・不得意な部分)をチェックできる」、「教師が生徒の進捗状況や成績により、一人ひとりの学習内容を考えることができる」デジタル教材。

新型コロナウイルスによる「一斉休校措置」を受けて、今月9日から無償開放していたが、保護者や教員がそのコンテンツの到達度を確認することができるものが必要と考え、今回、「小テスト」を追加公開した。

これにより、生徒個人がコンテンツを活用するだけでなく、自宅学習での成果確認として、また分散登校での個別学習の教材として、相互コミュニケーションをとりながら学習をするための教材として活用できるようになった。

SUCの無償提供期間は、4月中旬頃まで(一斉休校の状況をみながら継続)で、対象は中学1年~高校入学までの生徒。

内容は、漢字(小学1年~高校卒業レベル、常用漢字1945字)、算数・数学・アルファベット練習・英語(単語)・英語(文法)。ログイン画面の下部から、「準拠小テストPDF」が閲覧できるようになっている。

関連URL

「基礎力ステップアップコンテンツ」

クラーク記念国際高校

小学館

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス