1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 明光義塾、遠隔で個別指導行うために学習プラットフォーム「Monoxer」を導入

2020年4月13日

明光義塾、遠隔で個別指導行うために学習プラットフォーム「Monoxer」を導入

モノグサは10日、同社の学習プラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」が、明光ネットワークジャパンが運営する個別指導塾「明光義塾」に導入されることになった、と発表した。

同塾は、全国1929教室の個別指導塾を運営(今年1月14日時点)しているが、このところ、新型コロナウイルスの感染拡大で、都市圏を中心に通塾が困難な生徒が急増。

そこで同社では、教材の前倒し配布や電話・ZOOMなどを活用した「遠隔指導」に、いち早く取り組んできた。

だが一方で、紙の教材や映像授業では、生徒の学習状況や定着度を正確に把握することができないため、遠隔指導下では、同社の強みである生徒一人ひとりに向き合った「個別指導」の継続が難しい状況だった。

そのため今回、既存の教材を取り込むことができ、生徒の習熟度に応じた問題の生成、正確な学習状況と学習プロセスの把握及びそこから導き出される定着度が可視化できるMonoxerを、遠隔指導のためのツールとして導入することにした。

今後、Monoxerを活用して、通塾が困難な環境下でも、これまで以上の学習成果と保護者の満足度向上を目標に、遠隔指導体制を構築していく予定。

まずは、4月上旬から、通塾が困難な関東圏を中心に、同塾に通う小学生~高校生の生徒全員にMonoxerを導入する。

Monoxerは、講師が学習してほしい内容を登録するだけで、その内容を定着するために必要な問題を自動作成。生徒は、作成された問題をスマホやタブレットのアプリで学習する。

また、生徒の習熟度・忘却度に応じて、リアルタイムで問題の出題頻度や難易度が調整され、生徒一人ひとりのレベルにあった学習を行うことができる。

関連URL

明光ネットワークジャパン

モノグサ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス