1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 明光義塾、遠隔で個別指導行うために学習プラットフォーム「Monoxer」を導入

2020年4月13日

明光義塾、遠隔で個別指導行うために学習プラットフォーム「Monoxer」を導入

モノグサは10日、同社の学習プラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」が、明光ネットワークジャパンが運営する個別指導塾「明光義塾」に導入されることになった、と発表した。

同塾は、全国1929教室の個別指導塾を運営(今年1月14日時点)しているが、このところ、新型コロナウイルスの感染拡大で、都市圏を中心に通塾が困難な生徒が急増。

そこで同社では、教材の前倒し配布や電話・ZOOMなどを活用した「遠隔指導」に、いち早く取り組んできた。

だが一方で、紙の教材や映像授業では、生徒の学習状況や定着度を正確に把握することができないため、遠隔指導下では、同社の強みである生徒一人ひとりに向き合った「個別指導」の継続が難しい状況だった。

そのため今回、既存の教材を取り込むことができ、生徒の習熟度に応じた問題の生成、正確な学習状況と学習プロセスの把握及びそこから導き出される定着度が可視化できるMonoxerを、遠隔指導のためのツールとして導入することにした。

今後、Monoxerを活用して、通塾が困難な環境下でも、これまで以上の学習成果と保護者の満足度向上を目標に、遠隔指導体制を構築していく予定。

まずは、4月上旬から、通塾が困難な関東圏を中心に、同塾に通う小学生~高校生の生徒全員にMonoxerを導入する。

Monoxerは、講師が学習してほしい内容を登録するだけで、その内容を定着するために必要な問題を自動作成。生徒は、作成された問題をスマホやタブレットのアプリで学習する。

また、生徒の習熟度・忘却度に応じて、リアルタイムで問題の出題頻度や難易度が調整され、生徒一人ひとりのレベルにあった学習を行うことができる。

関連URL

明光ネットワークジャパン

モノグサ

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス