1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. LABOT、プログラミングを「写経」して学べるWebサービスを無償提供

2020年4月15日

LABOT、プログラミングを「写経」して学べるWebサービスを無償提供

LABOTは14日、プログラミングを「写経」して学べるWebサービスのライセンスを、新型コロナウイルスでオンライン学習を余儀なくされている教育機関や自宅待機中の新社会人に、9月30日までの期間、無償提供すると発表した。

このWebサービスは、同社がローンチした「SHAKYO.io」で、タイピングゲームのようにソースコードを模写して繰り返し練習することができる「写経」プラットフォーム。

反復練習をコンセプトに、教科書的な勉強ではなくトレーニングとしてプログラミングスキルを高めるプロダクトでC、Java、Python、Rubyなど複数のプログラミング言語ごとに、一般的なアルゴリズムを数百収録。自ら学びたいソースコードをアップロードすることもできる。

1日十数分ずつでもプレイすることで、初心者のプログラミング学習者が複雑なソースコードに慣れたり、新たなプログラミン言語習得の際のシンタックス(文法)を実際のコードから学べるようにする。

今回、この「SHAKYO.io」のすべての機能にアクセスできる機能を、9月30日までの期間、新型コロナウイルスでオンライン学習体制を余儀なくされている全ての教育機関(小・中学校、高校・高専、専門学校・短大・大学)に無償提供する。

また、緊急事態宣言に伴うリモートワークで在宅勤務している、2020年卒の新社会人向けITリテラシー研修にも、ライセンスを無償提供する。

いずれの無償提供も、4月下旬から、順次対応していく予定。

関連URL

「無償提供」の問合わせ

「SHAKYO.io」

LABOT

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス