1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日経新聞、360度映像や写真で臨場感を体験できるスマホアプリをリリース

2020年4月21日

日経新聞、360度映像や写真で臨場感を体験できるスマホアプリをリリース

日本経済新聞社は20日、スマホで360度の映像や写真を楽しめるVR(仮想現実)アプリ「日経VR」をリリースした。

「日経VR」は、360度の映像や写真でニュース現場の臨場感を体験したり、仮想空間で芸術作品を鑑賞したり、旅行気分を味わうことができる無料アプリ。

アプリを起動し、メニュー画面から好みのコンテンツを選択すると、スマホだけで手軽にVR体験ができる。簡易型VRゴーグルを使えば、より没入感のある映像体験が楽しめる。

すでにリリースしている「日経AR」アプリに「日経VR」アプリが加わることで、新聞紙面にとどまらない新しい情報発信や表現ができるようになる。

同社では、VRジャーナリズム、VRを活用した広告やイベント、VRミュージアムなどの新しいコンテンツを提供していく方針だが、その第1弾として、「NIKKEI STAY HOME PROJECT~日本全国スマホでお花見~」企画をスタート。

日本全国20カ所以上で撮影した桜を360度写真で公開。なかなか外出がかなわず、見ることができなかった今年の満開の桜を、自宅でも「日経VRアプリ」でゆっくり楽しめる。

同アプリは、iPhone(iOS11 以上)、Android(アンドロイド8.0以上)の端末で動作確認しており、タブレットには対応していない。

関連URL

「日経VR」詳細

日本経済新聞

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス