1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. JAXA×ネスレ、共同エコプロジェクト第1弾「バーチャル科学館」サイト開設

2020年4月23日

JAXA×ネスレ、共同エコプロジェクト第1弾「バーチャル科学館」サイト開設

宇宙航空研究開発機構(JAXA)とネスレ日本は22日、親子で楽しく地球環境について学ぶ共同エコプロジェクト「#NescafeOurPlanet(ネスカフェ アワープラネット)」をスタートさせ、その第1弾として「地球」や「環境」について学べる特設サイト「バーチャル科学館」を開設した。

このプロジェクトは、人工衛星による観測を通じ地球規模の環境変動や温暖化を可視化することで環境問題に取り組むJAXAと、製品の包装材料へのプラスチック使用量削減の取り組みやマイマグ・マイタンブラーの利用推進を行うなど資源を大切にする取り組みを進めているネスレが、共同で環境啓発を行うもの。

その第1弾として、地球環境を考える日「アースデイ」の22日に開設した「バーチャル科学館」は、JAXA、ネスカフェ、そして日常的かつ濃厚な人間ドラマが好評を博した人気漫画「宇宙兄弟」、の3者がコラボレーションした特設サイト。

宇宙からJAXAの人工衛星「いぶき」や「しきさい」などが観測した環境変動を、親子で楽しく学ぶことができる。

「宇宙兄弟」のキャラクターが、人工衛星が捉えた宇宙からのデータを紐解き、「猛暑」、「台風の脅威」、「異常気象」といった近年話題になることが多い環境変動の事象について、分かりやすく解説する。

また、「バーチャル科学館」を体験した子どもには、一方的に教わるだけでなく、主体的に行動する「JAXA研究員」として、JAXAに直接質問ができる機会も設けられている。

TwitterでTwitterアカウント「@satellite_jaxa」と「@nescafe_jp」をフォローし、宇宙の気になる疑問を、Twitterに「#JAXAと自由研究」と「#NescafeOurPlanet」のハッシュタグ付きで投稿。選ばれた質問に、宇宙の専門家からの観点でJAXAが回答する。期間は22日~5月31日まで。

さらに、今回のプロジェクト開始を記念したオリジナルグッズが抽選で当たるキャンペーンも実施している。応募期間は22日~5月13日まで。

関連URL

「バーチャル科学館」

キャンペーン詳細

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス