1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ベネッセ「こどもちゃれんじ」、動画「みんなといっしょたいそう」最新版配信

2020年5月28日

ベネッセ「こどもちゃれんじ」、動画「みんなといっしょたいそう」最新版配信

ベネッセコーポレーションは27日、同社の幼児の教育・成長支援ブランド「こどもちゃれんじ」で、自宅でキャラクターと一緒に楽しく体を動かせる動画「みんなといっしょたいそう」の最新版の配信を開始した。

「こどもちゃれんじ」は、サンリオと共同でスタートした「だいすきなみんなといっしょプロジェクト」の一環として、動画「みんなといっしょたいそう」を配信。

第1弾(4月21日配信)の「しまじろう」と「ハローキティ」の呼びかけに応え、第2弾(4月28日配信)では「くまモン」「メルちゃん」「チェブラーシカ」が参加。

今回、第3弾として、新たに「ガチャピン・ムック」「チャギントン」が加わった動画を27日10:00から配信した。

また同時に、参加キャラクターのぬりえを切り取って作る「ありがとうメダル」の無償提供も開始。配信期間は、27日10:00~9月末まで。

「みんなといっしょたいそう」第1弾は、日本語・英語・中国語と多言語対応で世界中の子どもたちに向けて配信され、第1弾・第2弾合わせた再生回数は合計230万回以上。また、全世界に向け、国連本部ウェブサイトの「COVID-19特集ページ」でも紹介された。

「みんなといっしょたいそう」第3弾の概要

配信開始日時:5月27日(水)10:00~
対応言語:日本語(第1弾動画は英語、中国語にも対応)
体操の構成:幼児が真似しやすい動き・フレーズを取り入れた体操。腕・足の順に体を動かしていき、体全体がほぐれるように設計。各キャラクターが別々の部屋で体操をし、手を振ったり、ひとつのポーズを作ったりすることで、「会えなくてもいつも一緒にいるよ」というメッセージを表現(監修:早稲田大学人間科学学術院教授・医学博士の前橋明氏)

関連URL

「こどもちゃれんじ」

「ありがとうメダル」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス