1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. パイプドビッツ、学校向け「学生支援給付金申請システム」の提供を開始

2020年5月29日

パイプドビッツ、学校向け「学生支援給付金申請システム」の提供を開始

パイプドビッツは、学校向けに「学生支援給付金申請システム」を開発し、28日から提供を開始した。

このシステムは、新型コロナウイルスの影響などで学費の工面が困難になった学生の支援金給付申請をシステム化し、給付用の口座情報をオンライン上で安全に収集、確認、差戻しを完結して、学生と給付担当者双方の負荷を軽減する。

このシステムは、同社の情報資産プラットフォーム「スパイラル」を基盤に構築。また、先行して、神田外語大学(千葉市)ほか、3大学への提供が決定している。

同システムでは、学生は、スマホから本人確認の上、給付金の振込先口座情報を登録し、オンライン上で支援金給付の申請手続きが行える。給付担当者は、学生が申請した内容を検索・承認・出力することができる。

まず、給付担当者が学籍番号、認証用パスワード2種をデータベースにインポートし、仮登録用のQRコード、学籍番号、認証用パスワード2種を同封した書類を学生に発送する。

学生が、スマホでQRコードを読み取り、同封の学籍番号と仮登録用のパスワードでログインし、メールアドレスを登録。

そして、自動返信メールに記載された本登録用のURLにアクセスし、学籍番号と本登録用のパスワードでログイン。通帳の画像データを添付し、振込先の口座情報を登録する。

次に、給付担当者が、管理画面から学生の申請内容を検索・確認。登録された口座情報と通帳の画像データを目視で確認し、承認作業を行い、承認データを一括出力して、給付作業をする。

なお、同システムに登録される口座情報は、厳格なセキュリティが求められるメガバンクや金融庁、100以上の金融機関が採用している堅牢な「スパイラル」で安全に管理され、最短4営業日で利用できる。

関連URL

「学生支援給付金申請システム」

システムの問合わせ

「スパイラル」

パイプドビッツ

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス