1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学校向け「スタディサプリ」、宿題結果に応じた課題配信の自動化に対応

2022年3月16日

学校向け「スタディサプリ」、宿題結果に応じた課題配信の自動化に対応

リクルートは15日、同社のオンライン学習サービス「スタディサプリ」の学校向け管理プラットフォーム「スタディサプリfor TEACHERS」に、児童・生徒の宿題正答率に応じて自動でフォローアップの課題を配信できる機能を追加すると発表した。


同プラットフォームの「フォローアップ配信機能」は、これまで教師が宿題の結果を確認して、フォローアップ対象の児童・生徒を目視で決定し、追加の課題を手動配信していた。

今回の機能追加で、教師はあらかじめフォローアップの対象とする宿題正答率を設定し、宿題実施後に対象となった児童・生徒に自動で追加の課題が配信できるようになる。

これまで通り、手動での配信も選択でき、児童・生徒一人ひとりの学習状況を見て、細かく対象を決めたい教師は手動で、児童・生徒の宿題の提出結果を見る時間が取れず手が回らない教師や、学習内容や学習習慣の定着を自動化したい教師は自動でといったように、教師の意向に合わせて使い分けできる。

「フォローアップ配信機能」の活用事例(逗子開成中学・高校)
活用シーン:中3数学で、定期テスト対策としてフォローアップ配信機能を活用
活用方法:定期テスト前に、学年全体に任意課題として試験範囲に該当する単元テストを配信。つまずきのある生徒にフォローアップ配信を実施
成果:単元テストとフォローアップ配信された課題の両方に取り組んだ生徒と、選抜クラスの後期中間試験の平均点を単元ごとに比較。半分以上の単元で、課題に取り組んだ生徒の平均点が、選抜クラスの平均点を上回った

関連URL

「スタディサプリfor TEACHERS」

リクルート

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス