1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 正智深谷高校、生徒全員が自宅からタブレットで映像配信の授業

2020年6月5日

正智深谷高校、生徒全員が自宅からタブレットで映像配信の授業

正智深谷高校は3日、新型コロナウイルス感染防止策として、オンラインによる遠隔授業を4月20日から開始して、全生徒が自宅で学習に取り組んでいると発表した。

オンライン授業で講義をする先生(上段)、自宅で学習する生徒(下段)

同校の全生徒(3学年、計33クラス、計1145人)は、自宅からタブレット端末を使って映像配信授業により毎日学習を進めている。また毎朝のホームルームではビデオ会議システム「Zoom」を使用し、担任からの連絡事項などに加えて、クラスの全員が参加してお互いの顔が見ながらコミュニケーションすることでクラスの絆を深めているという。

同校では、3年前からICT 教育に力を入れており、全生徒にiPadが配布されている。遠隔授業の導入環境が整っていたこともあり、新年度の開始後の早い段階で映像配信による授業を開始。

生徒が登校できない中、少しでも授業が遅れないように、クラス毎に用意された授業映像を時間割りに合わせて生徒が独自に学習。遠隔授業は、1 コマ50分(特進コースは80分)で、教員の説明を映像で見たあとに、後半は用意された課題を解いて提出。遠隔授業のツールには、「ロイロノート」と「Zoom」を採用。

同校では遠隔授業を約2カ月間実施してきたが、教員からも、生徒からも好評。教員は様々な工夫を凝らし、オンライン授業の効果を高めることに取り組み、生徒も熱心に動画を見て、課題に積極的に取り組み、オンラインでの学習効果を高めているという。

教員と生徒はオンラインで個別に直接コミュニケーションできるため、生徒からの質問も活発に出るなど、今までの対面の集合型授業にはないメリットも。

また、Zoom によるホームルームを活用して、生徒がリレー形式でメッセージを繋ぐ企画をしたクラスもある。生徒たちが笑顔で楽しむ姿には、離れていてもネットを通じてつながっているという仲間意識が感じられ、登校自粛による孤独感の解消にも役立っているという。

また、同一学校法人である智香寺学園の運営する埼玉工業大学との高大連携においても、今回のオンライン授業を契機に学園間の連携を深めた教育を推進していく予定。

関連URL

正智深谷高校

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス