1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. イノカ、サンゴ生態系学べるオンライン授業を2カ月限定で小学校に無償提供

2020年6月8日

イノカ、サンゴ生態系学べるオンライン授業を2カ月限定で小学校に無償提供

東大発、環境移送ベンチャーのイノカは5日、サンゴ礁を都会に再現する「人工生態系」技術を活用したオンライン環境教育プログラムを、6月から2カ月間限定で、教育機関向けに無償提供すると発表した。

プログラムでは、サンゴ礁水槽と各家庭をライブカメラで繋ぎ、水生生物の価値と環境問題について1時間で学ぶことができる。同社ではこれまで、のべ650人以上の小学生にオンライン授業を実施。

分散登校や午前授業期間中の時間を活用した家庭学習プログラムとして、あるいは再開後に友達みんなで楽しめるイベントの一つとして、きれいな水槽を眺めながら楽しい時間を過ごしてもらい、子どもたちに癒しと発見の喜びを感じる機会を提供したいという。

オンライン授業概要

■タイトル:
「サンゴがおうちにやってきた! 〜自宅から楽しく学ぶ、体験型環境教育プログラム〜」
■対象年齢:小学校1年生〜6年生 ※親子で参加も可能。
■参加可能人数:1クラス単位から、全校生徒規模まで対応可能
■時間:約1時間〜2時間 ※参加人数・内容に応じて調整も可能。
■日時:6月8日(月)から2カ月間、随時開催 ※相談の上、開催日時を決定。
■内容
「サンゴってどんないきものなんだろう、動物なの?植物なの?」
「サンゴは、たくさんの生き物が住む、海のマンション…!?」
「サンゴは20年後には、90%いなくなってしまう…!?」
①お気に入りの生き物は?サンゴ礁水槽ライブツアー
②めざせサンゴマスター!サンゴマスターテスト
③サンゴを守ろう!サンゴマスター最初のミッション
■応募方法:先着10校限定で実施。
問い合わせ先
info@innoqua.jp

※企業のCSR担当者など、オンラインでの環境教育コンテンツに関心のある人の見学も受け付けているので、希望する人は問い合わせる。

関連URL

イノカ

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス