1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 日本語4技能測定試験「日本語コミュニケーション能力測定試験/JLCAT」誕生

2020年6月11日

日本語4技能測定試験「日本語コミュニケーション能力測定試験/JLCAT」誕生

アジア教育交流促進協会は10日、日本語4技能測定試験「日本語コミュニケーション能力測定試験/JLCAT」が誕生したと発表した。

日本語を母語としない外国人の日本語能力を測定する試験は、従来「聴く」と「読む」の2技能試験が主流だった。「日本語コミュニケーション能力測定試験/JLCAT」は、文字通りコミュニケーションの基礎活動である、「聴く」、「読む」、「話す」、「書く」の4技能を総合的に測定する試験。

同試験の特徴は、言語基礎活動である、「聴く」、「読む」、「話す」、「書く」の各能力を総合的に測定し、多数の受験者が同時に受験する必要のないIRT技術(項目応答理論)を取り入れたCBT(コンピュータベーステスト)で、外国語学習者のレベル評価等の国際標準であるCEFRに準拠。

また、生体データ認証技術と遠隔監視技術により自宅受験に対応。さらに、成績証明書に電子透かし機能を搭載し教育機関等による真偽照会や、法務省出入国在留管理庁への日本留学時のCOE(在留資格認定証明書)交付申請時の日本語学習履歴証明の一つとして提出が可能。

新型コロナウイルス感染拡大により、様々な日本語試験が中止に追い込まれる中、日本語学習者の能力測定の手段として、活用してもらえればという。

尚、12月末までは、検定料2万円を1万5千円で提供する。

関連URL

JLCATの紹介映像

JLCAT

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス