1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 京都橘大、企業と連携してオンラインでのリモートインターンシップを導入

2020年6月24日

京都橘大、企業と連携してオンラインでのリモートインターンシップを導入

京都橘大学は22日、同大学の2回生・3回生を対象に、オンラインでのリモートインターンシップの取り組みを18日からスタートしたと発表した。

新型コロナウイルスの感染症拡大防止に向けて、同大学が今年度実施を予定していた実地型のインターンシップをとりやめることになった。

止むを得ない事情ではあるものの、同大学としては、学生に企業との関わりの中で、自らの行動で将来を創造する意欲と社会課題に向き合う能力をひきだす機会を提供したいと考え、オンラインツールを活用したリモートインターンシップの取り組みを開始した。

今回のインターンシップでは「変化に対応(レジリエンス)×変化しない他者協働」がコンセプト。オンラインでのリモートインターンシップを通じて、新しい生活様式のなかで変化に柔軟に対応し自ら先進性を拓くとともに、他者との協働という変わらないものの重要性をしっかりと学生に学んでほしいという。

同大学では6月上旬から、これまで同大学学生のインターンシップを受け入れていた企業・事業所を中心に、リモートによるインターンシップを依頼してきたが、19日現在で、佐々木化学薬品、ジェイ・エス・ビーなど合計4社が受け入れを承諾。

また、良品計画 無印良品 京都山科店、富士ゼロックス京都、アイリスオーヤマなど受け入れを検討している企業・事業所もあり、今後受け入れ先が拡大する可能性もあるという。

今回のインターンシップは、同大学の2回生・3回生を対象に、最大40人程度の参加を想定しており、1企業あたり3~5人の学生がグループ単位で活動することを予定。

学生の募集は18日から開始しており、7月から事前学習を開始。企業の受け入れによる課題実践は8月に実施し、全ての活動が終了するのは8月27日を予定。

関連URL

京都橘大学

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
Cat6A 国内シェア No.1 カテゴリ6A LAN配線のことなら PANDUIT TM 校内LAN整備のQ&A 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス