1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 超教育協会、「20xx年の教育」コンセプトムービーを公開

2020年6月25日

超教育協会、「20xx年の教育」コンセプトムービーを公開

超教育協会は24日、「20xx年の教育」と題した未来の教育の姿をイメージした映像を公開した。

この映像は、同協会の各種ワーキンググループメンバーが議論したアイデアをもとに制作。

教育の情報化が進んだ新たな学校の形として、デジタル機器が整備された学校の様子、個別最適化が進んだ教科科目の学習やプロジェクト学習や課題解決型学習の浸透、卒業後の多様化した進路の姿を描いている。

具体的な映像シーンは、ロボットによる代理登校、AIによる個別最適化されたカリキュラム編成、世界中の子どもたちと楽しむ運動会・学芸会、地域コミュニティとしての学校の姿、卒業時に配布されるのは通知表ではなく「ポートフォリオ」、複数の大学に入学・卒業後すぐに起業、多様化する進路などなど。

また、同協会ではランチ時間を利用して、毎週、オンラインシンポジウムを開催している。教育長シリーズ(広島、熊本、尼崎)をはじめ、家庭教師のトライと教育用AIを共同開発したギリア社長、西日本トップクラスの合格実績を持つ英進館社長など毎回多彩なゲストが登場。300人近くが参加している。同協会Webで随時公開予定。

オンラインシンポジウム概要

・6月24日(水)12:00 ゲスト:NHK Eテレ・中村貴子編集長
・7月8日(水)12:00 ゲスト:九州大学・安浦寛人副学長
・7月15日(水)12:00 ゲスト:京都市・在田正秀教育長

関連URL

「20xx年の教育」

超教育協会

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス