1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 「すらら」の姉妹版「すららドリル」、東京都三鷹市で全小中学校に導入

2020年7月3日

「すらら」の姉妹版「すららドリル」、東京都三鷹市で全小中学校に導入

すららネットは2日、同社の提供するAI×アダプティブラーニング「すらら」の姉妹版「すららドリル」が、6月から東京都三鷹市の全小中学校に導入されたと発表した。

対象は市内にある22の小中学校で、約1万2000名の児童生徒がタブレットを使って自宅で学習する。自宅に端末やWi-Fi環境が整っていない児童生徒に向けては、三鷹市教育委員会が貸し出し用のタブレット端末、ルーターを準備し、全児童生徒が学習できるような環境整備を行っている。

同時に、三鷹市教育委員会では休校明けの6月から、不登校児童生徒の支援として「すらら」活用を開始した。三鷹市立第一中学校内に適応支援教室「A-Room」を設置し、市内全域の不登校生の支援を行っている。教員経験者などからなる学習支援員が児童生徒の学習計画を立てるとともに、学習の進み具合を確認し、必要に応じて保護者とも連携しながら学習面、心理面のサポートを行っていく。

関連URL

「すらら」
https://surala.jp/school/

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 定期配送お申込フォーム
  • デジタル採点で働き方改革 | 採点ナビ 無料お試し
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス