1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 花形、社名・大学名公表しない秘匿型就職マッチングサービス「CABOS」開発

2020年7月15日

花形、社名・大学名公表しない秘匿型就職マッチングサービス「CABOS」開発

花形は、社名・大学名を公表しない秘匿型就職マッチングサービス「CABOS」を開発し、ベータ版の事前登録を15日から開始する。

「CABOS」は、企業と学生がマッチングするまでの過程で、学生には企業の社名が、企業には学生の大学情報が開示されないようになっている。

このシステムがあれば、独自のアルゴリズム(CABOscore)で、それぞれの企業に適した「いいやつ」を採用できる。

具体的には、企業ユーザーと学生ユーザー両者に約90問の独自アンケートを実施し、回答結果を数値化することで企業と学生のマッチ度を算出し、レコメンドする。

学歴や企業の知名度といった情報は、ある程度の質を確保するためには有益な情報になり得るものの、一方で選択肢の幅が狭められ、「あなたの会社にとっての本当に優秀な人材」が採用対象から外れてしまうケースも多数発生。ミスマッチが増えるという側面もある。

そこで、同サービスでは、学歴や企業名によって双方の先入観が入ることを防ぎ、本質的な出会いを創出するとともに、「CABOscore」を活用することで、「取りこぼし」をなくする。

また、15日からリリースされるベータ版の場合、全企業とも完全無料でサービスを利用できる。そして、採用成功報酬は「永久に無料」。

「CABOS」の利用手順は、プロフィール作成⇒学生を検索する⇒学生にいいねを送る(学生から先にいいねが送られてくることも)⇒学生からいいねが返ってきたらマッチが成功⇒マッチ後は自由にチャットができる。

初期(約半年間)はwebサービスだけでの利用で(アプリ準備中)、利用料金は完全無料。

関連URL

「CABOS」

花形

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス