1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 花形、社名・大学名公表しない秘匿型就職マッチングサービス「CABOS」開発

2020年7月15日

花形、社名・大学名公表しない秘匿型就職マッチングサービス「CABOS」開発

花形は、社名・大学名を公表しない秘匿型就職マッチングサービス「CABOS」を開発し、ベータ版の事前登録を15日から開始する。

「CABOS」は、企業と学生がマッチングするまでの過程で、学生には企業の社名が、企業には学生の大学情報が開示されないようになっている。

このシステムがあれば、独自のアルゴリズム(CABOscore)で、それぞれの企業に適した「いいやつ」を採用できる。

具体的には、企業ユーザーと学生ユーザー両者に約90問の独自アンケートを実施し、回答結果を数値化することで企業と学生のマッチ度を算出し、レコメンドする。

学歴や企業の知名度といった情報は、ある程度の質を確保するためには有益な情報になり得るものの、一方で選択肢の幅が狭められ、「あなたの会社にとっての本当に優秀な人材」が採用対象から外れてしまうケースも多数発生。ミスマッチが増えるという側面もある。

そこで、同サービスでは、学歴や企業名によって双方の先入観が入ることを防ぎ、本質的な出会いを創出するとともに、「CABOscore」を活用することで、「取りこぼし」をなくする。

また、15日からリリースされるベータ版の場合、全企業とも完全無料でサービスを利用できる。そして、採用成功報酬は「永久に無料」。

「CABOS」の利用手順は、プロフィール作成⇒学生を検索する⇒学生にいいねを送る(学生から先にいいねが送られてくることも)⇒学生からいいねが返ってきたらマッチが成功⇒マッチ後は自由にチャットができる。

初期(約半年間)はwebサービスだけでの利用で(アプリ準備中)、利用料金は完全無料。

関連URL

「CABOS」

花形

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス