1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2020 in Mitaka」作品募集開始

2020年7月15日

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2020 in Mitaka」作品募集開始

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2020 in Mitaka」は、15日から作品募集を開始する。

同コンテストは、子どもたちがプログラミングを学び、自分でコンピュータを動かした時の感動や作った作品を発表する体験を通して、新しい世界への興味や関心を呼び起こし、将来への夢を育むことを目的として行われる。10回目となる今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から最終審査会をオンラインで開催とし、募集期間も今月15日から来年1月11日までと延長した。

対象は2002年4月2日以降の生まれの個人またはグループ。ゲーム部門とクリエイティブ部門(Webアプリケーション、各種ツール、ロボット制御などゲーム以外のプログラム作品)の2区分で募集する。

テーマは自由。Rubyの特性を活かしたプログラムの優秀性、プログラミングの楽しさ、発想の面白さや工夫が感じられるような作品を期待している。

2月上旬に予定する一次審査を経て、3月6日に開催予定の最終審査会でプレゼンテーションによる審査を実施する。

関連URL

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2020 in Mitaka」

まちづくり三鷹

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス