1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2020 in Mitaka」作品募集開始

2020年7月15日

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2020 in Mitaka」作品募集開始

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2020 in Mitaka」は、15日から作品募集を開始する。

同コンテストは、子どもたちがプログラミングを学び、自分でコンピュータを動かした時の感動や作った作品を発表する体験を通して、新しい世界への興味や関心を呼び起こし、将来への夢を育むことを目的として行われる。10回目となる今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から最終審査会をオンラインで開催とし、募集期間も今月15日から来年1月11日までと延長した。

対象は2002年4月2日以降の生まれの個人またはグループ。ゲーム部門とクリエイティブ部門(Webアプリケーション、各種ツール、ロボット制御などゲーム以外のプログラム作品)の2区分で募集する。

テーマは自由。Rubyの特性を活かしたプログラムの優秀性、プログラミングの楽しさ、発想の面白さや工夫が感じられるような作品を期待している。

2月上旬に予定する一次審査を経て、3月6日に開催予定の最終審査会でプレゼンテーションによる審査を実施する。

関連URL

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2020 in Mitaka」

まちづくり三鷹

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 先生方にもテレワークを! 狭山市導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • RICHO 戸田市 STEAM教育実践オンラインセミナー 2022年2月21日 ご登録はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス