1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 全国新聞社事業協議会、「全国選抜小学生プログラミング大会」を来年3月開催

2020年7月21日

全国新聞社事業協議会、「全国選抜小学生プログラミング大会」を来年3月開催

全国新聞社事業協議会(共同通信社加盟の地方新聞45社の事業部門で構成)は、全国の小学生を対象とした「みんなのみらい、みんなでつくろう〜全国選抜小学生プログラミング大会」を、来年3月に開催する。

この大会は、2020年度から必修化されたプログラミング教育の理解促進に加え、子どもたちのプロデュース力や考える力、表現力向上に寄与することを目的に、全国の地方新聞社と連携して開催する地方発信型のコンテスト。

各都道府県で地方新聞社が地方大会を実施し、各県ファイナリストを選抜。全国大会出場権を獲得した子どもたちは、東京で行われる全国大会に出場し、全国から集まった代表と競い合う。

開催概要

開催日時:2021年3月21日(日)
開催会場:国立オリンピック記念⻘少年総合センター[東京都渋谷区代々木神園町3-1]
(新型コロナの状況によっては、オンライン開催の可能性もあり)
作品テーマ:「もっと好きになる わたしたちのまち」(自分が暮らす「まち」に関わることであれば内容は自由)
応募作品:独自の発想やアルゴリズムに基づいたプログラムで制作したアプリ・映像・ロボット・ドローンなど。プログラミング言語の指定はなし。作品の提出だけではなく、プログラミング的思考に基づいたアイデアでの応募も歓迎
応募資格:全国の小学生
応募スタイル:個人、団体ともに可。団体の場合は1チーム4人まで
発表:発表時間は3分間。作品制作のきっかけや思い、特徴、苦労した部分などをプレゼンテーションする
採点基準:発想力40点満点、表現力30点満点、技術力30点満点の合計100点
評価方法:技術力よりも発想力、表現力を重視
表彰:グランプリのほかに複数の賞を設定して表彰

詳細・応募

関連URL

全国新聞社事業協議会

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス