1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 早稲田システム開発、「ポケット学芸員」が 札幌芸術の森野外美術館に導入

2020年7月28日

早稲田システム開発、「ポケット学芸員」が 札幌芸術の森野外美術館に導入

早稲田システム開発は27日、スマートフォンを利用して展示解説などを楽しめるミュージアム向け無料ガイドアプリ「ポケット学芸員」のサービスが、23日に札幌芸術の森野外美術館に導入されたと発表した。


札幌芸術の森野外美術館では、1994年から作品解説ボランティアが案内を行っており、音声ガイドは導入されていなかった。専用の機材を貸与する方式の音声ガイドでは、野外で使用するとなると機材の紛失・故障のリスクが高くなる。

一方、来館者自身のスマートフォンで作品解説が読める「ポケット学芸員」であればそのようなリスクを回避できるため、導入が可能と判断。

また近年では外国人観光客も増加傾向にあるが、ボランティアは外国人への対応に苦戦している状況。そのため、多言語の案内を柔軟に拡張可能な「ポケット学芸員」はボランティアの助けにもなるという。

最初は日本語版と英語版で配信を開始する予定。とはいえ、新型コロナウイルス感染拡大によって事情が変り、ひとまずは外国語版よりも日本語版を充実させ、国内の来館者を呼び戻すためのPR材料とするという。

音声ナビゲーターにはHTB北海道テレビ放送アナウンサー・土屋まりさんを起用し、魅力的なコンテンツ作りに励んでいる。同館では、感染リスクを考えボランティアとの対話にまだ躊躇する来館者や、学芸員による作品解説に興味のある来館者などに新しい選択肢を提供できればという。

関連URL

札幌芸術の森野外美術館

ポケット学芸員

早稲田システム開発

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス