1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アイキューブ、「先生の魅力を最大化して生徒に届ける」学習アプリをリリース

2020年7月28日

アイキューブ、「先生の魅力を最大化して生徒に届ける」学習アプリをリリース

アイキューブは27日、小学生~高校生向けの学習アプリ『どこでもスタディ(どこスタ)』と教師・塾講師向けの学習管理システム『どこでもスタディ―マネージャー(どこスタマネージャー)』をリリースしたと発表した。

どこスタは『先生の魅力を最大化して生徒に届ける』ということを目指して作られたアプリ。

生徒用学習アプリ(どこスタ)内では、先生のオリジナルの授業動画を配信することが可能。また、授業で使用しているテキストと結びつけて動画配信ができるため、「どの問題を解く時に、どの動画を見てほしいか」「どの問題を間違えた時にどの動画を見てほしいか」等の運用ができるという。

また、『どこスタ』を使って家庭学習でも先生の授業を動画で見ながら、該当する問題の演習や答え合わせなどができる。さまざまな教科・教材に対応した動画配信や学習管理ができるのが特徴。

先生用の学習管理システム(どこスタマネージャー)内は、学校のテストや模試、入試等に合
わせて学習範囲を指定し、生徒個々の学習進度と「目標進度」や「学校の授業進度」との比較が可能。また、生徒の学習状況に応じて、個々に学習範囲を調整したり、自由に課題を出したりすることができる。

さらに、生徒は『どこスタ』内に各問題の〇×の登録だけでなく、自分が学習したノートの画像もアップロードしながら学習を進めるため、「学習進度」「正答率」「ノート」等の総合的な情報をもとにした学習アドバイスや面談をすることができるという。

同社は9月1日から『どこスタ』の提供を開始し、全国の学習塾とタッグを組んで「塾だけでなく、家庭学習も巻き込んだ質の高い授業の提供と学習管理」「講師不足の解消」「集団クラス授業でのアダプティブラーニングの実現」「コロナ禍での充実したサービスの提供」といった課題の解決を目指す。

2020年度においては、限定10社に『どこスタ』を無償提供するという。

関連URL

どこでもスタディ

アイキューブ

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス