1. トップ
  2. データ・資料
  3. 21卒就活生の4人に1人が「複数社に内定を承諾」=MyRefer調べ=

2020年7月29日

21卒就活生の4人に1人が「複数社に内定を承諾」=MyRefer調べ=

MyReferは28日、2021年3月卒業予定の就職活動で1社以上の内定を持っている学生403人を対象に実施した「21卒就活生の内定承諾に関する調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、21卒就活生で内定を1つ以上保持している学生の25.1%が、「2社以上承諾する意向だ」と回答した。

これまでは1社だけの内定を承諾して内定式を迎えるのが一般的だったが、リーマンショック後の就職活動でも内定を複数承諾する動きは見られており、今回も不景気への不安が「内定複数承諾」の背景にあると考えられる。

複数社に内定承諾する理由としては、「どの内定先が自分にあっているか決め手に欠けるから」(48.4%)、「不景気による内定の取消しが不安だから」(45.1%)、「選考スケジュールがずれていて、複数承諾せざるを得ないから」(41.8%)があげられている。

また、最終的に1社に絞る時期は、内定者懇親会や内定者研修から内定式までの7~9月(38.5%)、内定式後から年末までの10~12月(45.1%)、年明けから入社式までの1~3月(12.3%)となっている。半数以上が、内定式後に1社に絞る意向だということが判明した。

最終的には、「内定者同士の情報」(40.2%)や「現場社員・先輩からのアドバイス」(37.7%)で1社に絞る就活生が多いようだ。

文理別にみると、文系学生では「クチコミサイトやランキング情報」(39.3%)、理系学生では「人事からの情報提供」(47.4%)も影響を与えている。

この調査は、全国の2021年3月卒業予定の大学生・大学院生で1社以上内定を持っている学生を対象に、7月8日~9日に、インターネットで実施。有効回答数は403人。

関連URL

調査結果の詳細

MyRefer

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス