1. トップ
  2. データ・資料
  3. 卒業予定の大学生や専門学校生、31.4%が「進路選択に悔いが残る」=Doorkel調べ=

2022年10月21日

卒業予定の大学生や専門学校生、31.4%が「進路選択に悔いが残る」=Doorkel調べ=

教育機関の募集広報をDXするSaaS「SchoolLynk Contact」を開発・提供するDoorkelは、大学や専門学校を来春卒業する学生500人を対象に、高校卒業時の進路選択についてアンケート調査を行い、20日その結果を公表した。

それによると、4人に1人以上にあたる31.4%が「入学時の期待とギャップを感じ、進路選択に悔いが残る」と回答。進路選択時に最も期待していたことは「就職に必要な資格・スキルを習得すること」が35.2%で最も多かった。

進路選択を後悔していると答えた人のうち67.5%が「大学や専門学校からの発信内容を充分に得られなかった」と回答した。また、進路選択を後悔している人の62.5%が「興味を持ったすべての学校のオープンキャンパスや学校説明会に参加していない」と回答。その理由は、「オープンキャンパスや学校説明会に参加する必要性を感じなかった(直接大学や専門学校を訪れるのが面倒だった)」が36.7%で最も多かった。

さらに全体の86%が「自身の進路選択を振り返ると、オープンキャンパスや学校説明会に参加するなどして、多くの選択肢の中から大学・専門学校を選ぶことが大切だと思う」と回答した。また、9割近くが「オープンキャンパスや学校説明会以外で、疑問に思ったことを大学・専門学校へ気軽に質問・相談できる環境づくりが大切だと思う」と回答した。

関連URL

調査結果のダウンロード申込

Doorkel

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス