1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI×アダプティブラーニング「すらら」、8月4日に生徒画面全面リニューアル

2020年7月29日

AI×アダプティブラーニング「すらら」、8月4日に生徒画面全面リニューアル

すららネットは28日、8月4日から生徒画面を全面リニューアルすると発表した。ひとりひとりの生徒の学習データに基づきAIが個々に合った学習箇所や学習量を提示する「AI学習リコメンデーション」機能を搭載する。生徒の自立学習を促進しモチベーションアップを図る目的。

すららネットはこれまでAI×アダプティブラーニング「すらら」を主に塾や学校を通じ小・中・高校生に提供し、学習をサポートしてきた。近年では、個人で申し込み「すらら」で学習する生徒も増え、学習の場面は塾での授業・宿題、学校での授業・宿題に加え、自立的な自宅学習へと広がっている。また経済産業省「未来の教室」ビジョン(第二次提言)に提言される「学びの自立化、個別最適化」の実現に向け、EdTech教材に対する期待が高まっている。さらに、新型コロナウイルス感染拡大に伴う学校休校中の学習手段としてEdTech教材の活用が一気に加速した。今後は文部科学省GIGAスクール構想実現の前倒しにより学校現場においてもEdTechの導入が進むことが予測されている。

このたび提供される「AI学習リコメンデーション」は、生徒ひとりひとりの学習状況、正答率などの学習結果に基づき、最適な学習箇所や学習量を提示。同時に、学習者に対するモチベーティング機能をさらに強化し、生徒が学習を進め、達成した場合にポイントを獲得できる「アチーブ・エッグ」というゲーミフィケーション要素を連動さる。獲得したポイントは、好きなアバターを設定し、キャラクターを選ぶことや、キャラクターを育てて楽しむことに利用できるほか、活用校における学習促進に向け、先生が生徒の学習状況を閲覧、管理できる学習管理機能も全面改訂される。

関連URL

すららネット

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス