1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 技術者や学生、企業向けの無償オンラインFPGA利用環境「ACRiルーム」開設

2020年8月3日

技術者や学生、企業向けの無償オンラインFPGA利用環境「ACRiルーム」開設

アダプティブコンピューティング研究推進体「ACRi」(アクリ)は、特定の用途に合わせたディジタル回路を実現するために使用する半導体デバイス「FPGA」の利用環境を無償で提供する「ACRiルーム」を、8月1日に開設した。

同ルームはオンラインで無償利用でき、東京工業大学構内に設置された100枚を超えるFPGAボードと開発用ソフトウェアにリモートからアクセスして利用する。

利用者は、日本国内でFPGAに興味のあるすべての人が対象で、「ACRiルーム」のウェブサイトから事前に利用予約すれば使用できる。初年度(2021年7月末まで)は1000人の利用を想定。

また、「ACRiルーム」の目的や使い方についてデモを交えて紹介する「ACRiルーム紹介ウェビナー」を、8月6日に開催する。

「ACRi」は、Adaptive Computing Research Initiativeの略で、今年4月に発足。4大学16社からなる、日本で初めて産学連携でのFPGAを活用する高性能なアダプティブコンピューティング・システムの開発とその設計を効率化するためのFPGA活用基盤の開発を行う研究推進体。

今回開設した「ACRiルーム」は、ACRiが推進する開発現場への支援活動の中心的なプログラム。現在、FPGAでの開発は一般的には広く浸透しておらず、利用環境もあまり知られていない。

「ACRiルーム」開設で、FPGAの活用を広く共有し、多くの業界の課題を解決することを目指す。大学・企業・個人を問わず、FPGAに関わる研究、教育、技術習得、検証評価など、様々な目的で利用することができる。

関連URL

「ACRIルーム」

「ACRiルーム紹介ウェビナー」参加申し込み

アダプティブコンピューティング研究推進体(ACRi)

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス