1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 茶道学習アプリ「MatchaNote」、新型コロナ対策用の新機能をリリース

2020年8月14日

茶道学習アプリ「MatchaNote」、新型コロナ対策用の新機能をリリース

BULBは13日、新型コロナの影響で稽古するのが困難になっている茶道業界向けに、同社の茶道学習支援アプリ「MatchaNote」に、非対面非接触で稽古を復習することができる新機能「VRお稽古」をリリースした。

「MatchaNote」は、2015年秋のリリース時から、ITを活用した茶道業界のユーザー体験向上を目指しており、ユーザー数は約1万人。

今回搭載した新機能「VRお稽古」では、1つの稽古を100~200程度のステップに分割した3DCGを用意。3DCGは、360度視点でのウォークスルーもできる。

この3DCG機能により、自由な視点でお点前内容を確認できる。従来のメモや写真だけでは実現が不可能な視点から、稽古の全容を確認することで稽古の理解を高められる。

また、3D空間の任意のポイントに自分のメモを投稿することもできる。従来自分で復習メモを付けるときは、5W1Hを書き添えてからメモする必要があり、自分のメモがお点前のどのポイントを指し示しているのか表現するのが一苦労だった。

新機能では、メモ行為自体のハードルを下げることで学習体験を深めることができる。

新機能により、自宅で茶道を復習する環境が整い、新型コロナ禍でも非対面非接触で茶道体験との接点を保つことができるようになる。

「MatchaNote」アプリが目指すのは、一過性のソリューションやツールを提供することではなく、新時代にあるべきサステナブル(持続可能)な茶道の学習体験の構築だという。

関連URL

「MatchaNote」新機能の詳細

BULB

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス