1. トップ
  2. データ・資料
  3. 3月~7月までに学生が受けた面接の72.4%が「WEB面接」=マイナビ調べ=

2020年8月24日

3月~7月までに学生が受けた面接の72.4%が「WEB面接」=マイナビ調べ=

マイナビは、2021年卒の学生1954人を対象に実施した「2021年卒学生就職モニター調査・7月の活動状況」の結果をまとめ21日に発表した。

それによると、今年3月から7月までに学生が受けた面接のうち、「WEB面接」だった割合は、全体で72.4%だった。

企業の面接対応について、7月末時点で最も適切なものを聞いたところ、1次面接、最終面接ともに「ライブ形式のWEB面接として実施する」と答えた割合が前月よりやや増加した(1次面接:72.2%、前月比5.0pt増/最終面接:32.6%、前月比5.6pt増)。

緊急事態宣言の解除以降、対面式の面接を適切だとする学生が一気に増えたが、直近の新型コロナ感染者の増加を受けて、再びWEB面接を適切だと考え直した学生がいるようだ。

入社までに内々定者フォロー・内々定者研修を希望する割合は、87.1%(前年比13.1pt増)で前年より大きく増加。

内々定者フォローとして希望する内容では、「内定者懇親会(対面)」を希望する学生が51.6%と半数を超えた。

「内々定式」を希望する学生も44.7%と高く、内々定を得たことを実感できる機会を求めているようだ。

また、入社までに「集合研修を受けたい」と思う学生の割合は50.5%(前年比1.1pt減)と約半数で、前年と同等。「オンライン型の研修」を希望する学生は62.4%で、「集合研修を受けたい」割合を上回った。

入社予定先企業から「保護者が入社を承諾しているか」について確認されたことがあるか聞いたところ、「確認されたことがある」学生の割合は全体で28.6%(前年比2.2pt増)。

この調査は、2021年卒業予定の全国大学4年生及び院2年生のモニター会員を対象に、7月27日~31日にかけて、Web上のアンケートフォームで実施。有効回答数は1954人で、内訳は文系男子349人、理系男子521人、文系女子537人、理系女子547人。

関連URL

調査結果の詳細

マイナビ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス