1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 富士ネットワークス、社員の技術知識の向上に技術者認定「LinuC」を活用

2020年8月26日

富士ネットワークス、社員の技術知識の向上に技術者認定「LinuC」を活用

Linux技術者認定「LinuC(リナック)」などを実施するエルピーアイジャパン(LPI-Japan)は25日、富士ネットワークスが、「LPI-Japanビジネスパートナー制度」に参加したと発表した。

同パートナー制度は、システム開発企業、SIer、SES企業、ソフトウェアベンダーなどの企業を対象としたもの。

参加することで、当団体の活動目的に賛同し、当団体が提供する認定の取得推進とその活動への参加を通して、オープンテクノロジー技術者の活躍の場を整備し貢献する企業・団体として広く周知することができる。

今回のビジネスパートナーへの参加にあたり、LPI-Japanは「LinuC(Linux技術者認定)」、「OSS-DB技術者認定試験」、「HTML5プロフェッショナル認定試験」の取得支援などを通じて、富士ネットワークスのオープンテクノロジー技術を活用できる技術者を育成する取り組みを支援していく。

また、富士ネットワークスとLPI-Japanは、ともにオープンテクノロジー技術者が評価され活躍できる環境を整備していく活動にも、積極的に取り組んでいく方針。

富士ネットワークスは、システムエンジニアリングサービス、受託開発事業など、ある場面ではその分野のITスペシャリストとして、別の場面では客のサービス運営をIT技術力で支えるエンジニアとして、ITのソリューションサービスを提供。

また、人材教育にも力を注いでおり、「LinuC」などを技術者のスキル向上のために積極的に取り入れることで、質の高いエンジニアを育成し事業強化を図っていく。

このような人材育成の取り組みに加え、OSSの利活用が一般的になりその重要性も増していることを受け、富士ネットワークスはLPI-Japanのビジネスパートナーに加入。より一層、オープンテクノロジーのマーケットの活性化への貢献に取り組む。

関連URL

「LPI-Japanビジネスパートナー」一覧

LPI-Japan

富士ネットワークス

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス