1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 小中学生によるプレゼン大会『スタートアップJr.アワード2020』応募受付スタート

2020年8月26日

小中学生によるプレゼン大会『スタートアップJr.アワード2020』応募受付スタート

バリューズフュージョンは25日、小中学生による社会課題解決の優れたアイデアを競うプレゼン大会『スタートアップJr.アワード2020』の応募受付を開始した。

同大会は、小中学生が考えたアイデアを、書類選考による一次審査と実際のプレゼンテーション動画による二次審査を経て、通過者が決勝大会で現役ビジネスパーソンの審査員の前でプレゼンテーションしてグランプリを決定。

アイデアの独創性や着想力はもちろんのこと、プレゼンテーションの構成や表現力、訴求力も含めて総合的に評価。初開催となった2019年度は小学生限定で行われたが、今年度からは中学生にも門戸を拡大、小学生、中学生の2部門でスケールアップして実施することになったという。同大会のクラウドファンディングも実施。一般個人から法人まで対象。

大会概要

スケジュール:
<プレエントリーと一次審査>
プレエントリーと一次審査書類の応募受付:8月1日~12月1日。
*プレエントリーをした人には、一次審査書類の提出方法を案内すると同時に、特典としてYouTubeで、プレゼンテーション協会監修の限定公開動画『プレゼンテーションのコツ』が視聴可能になる(9月下旬予定)。
<二次審査>
一次審査通過者によるプレゼン動画の応募受付: 12月20日(日)~2021年1月20日(水)
<決勝大会>
二次次審査通過者(ファイナリスト)による決勝大会:2021年3月6日(土)
*決勝大会は都内都心部の会場を予定しているが、オンライン開催となる場合もある。
審査基準:
・アイデアの独創性、着想力
・プレゼンテーションの構成
・プレゼンテーションの表現力、訴求力
*アイデアの実現性よりも上記を重視。
部門:
小学生部門/中学生部門 *ともにチームでの参加も可。
賞及び副賞:
小学生部門、中学生部門ともにグランプリ/準グランプリ/3位を各1人ずつ選出。
両部門のグランプリ受賞者は、ドバイ万博2020(開催時期:2021年10月1日〜2022年3月31日)への招待を予定。日本の子どもを代表して「ドバイ万博子どもレポーター」として現地で世界中の文化や科学、新しい技術に触れて、そのメッセージを国内外へ発信する機会を設ける。

詳細・申込

関連URL

スタートアップJr.アワード2020』サポーター募集(クラウドファンディング)

バリューズフュージョン

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス