1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アテイン、「Attain Online Japanese」を日本語学校向けに多言語化対応で9月から提供

2020年9月1日

アテイン、「Attain Online Japanese」を日本語学校向けに多言語化対応で9月から提供

アテインは、日本語eラーニング見放題サイト「Attain Online Japanese」(AOJ)を日本語学校向けにオンライン教材多言語化で対応し、9月から順次提供する。

日本語学校には多くの国籍の留学生がいて、単一国籍クラスはもちろん、多国籍クラスもたくさんある。多国籍クラスで日本語を教える際に、説明が大変な場合やテキストが買いにくい点などの大変な場合がある。

同社は日本語学習環境をより効率化や安定化させるために、日本語学校向けに提供している日本語「Attain Online Japanese」を9月から大幅に多言語化対応し、提供するという。

すべての教材は日本人ネィテイブ音声で、母国語字幕付きで提供。具体的には、今までの英語、ベトナム語、中国語に加え、ミャンマー語、インドネシア語、モンゴル語、ポルトガル語、韓国語、ウズベク語、タイ語など10カ国語で提供可能になるという。

教育機関向け、法人向けサービスの利用料金は、1人あたり月額1380円(税別)(半年契約月払い) 初期費用10万円。

マネージャーアカウントは教育担当者が学習者の進捗状況を知るために使用。学生20人迄の場合は、マネージャーアカウントが1つ無料で使用可能。以降は20人毎に1つ発行可能。更に必要な場合、1個300円(税別)で発行。

関連URL

サンプル動画

日本語サイト

アテイン

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス