1. トップ
  2. 学校・団体
  3. リーバー、大阪教育大学附属天王寺小学校が「LEBER for School」を導入

2020年9月3日

リーバー、大阪教育大学附属天王寺小学校が「LEBER for School」を導入

リーバーは1日、医療相談アプリ・リーバーの機能を利用した体温・体調管理機能「LEBER for School」の利用契約を締結したと発表した。同日から大阪教育大学附属天王寺小学校の生徒・教職員約650人が利用開始する。

同校は、大学と協働して先進的・実践的な取り組みを数多く行なっており、全国的に注目されている教育機関。その取り組みのひとつとして、同アプリを採用した。公共交通機関で登校する生徒も多い同校の健康管理に貢献する。教育施設全体の健康状態を集団解析できる同アプリを、国立の教育機関が導入するのは初めてのケース。

同アプリは、検温結果の記録と簡単な体調の報告をセットにしたスマートフォン用アプリ。検温・体調の入力結果が自動的に学校側に送信されるので、教職員は健康カードなど紙で集計することなく、学校全体の健康状況を集団解析することができる。生徒の家庭には毎朝、検温を促すプッシュ通知が送られ、入力忘れを防止する。家庭での検温で異常があれば登校を控えてもらうなど、校内クラスター感染を防ぐことに役立つ。また、「健康予報」の機能によって都道府県別の新型コロナ直近7日間新規感染者数や自治体別学校発熱者(37.5度以上)の割合なども表示され、地域全体の健康に貢献する。

同アプリ利用のために医療相談アプリ「リーバー」をインストールすれば、医師に家族の医療や健康に関する相談をすることも可能になる。万一、発熱などの症状が続き、コロナウイルスに感染している可能性が疑われる場合も、近隣医療機関の検索が可能なほか、クリニック受診や保健所、専用相談窓口への連絡など、医師から正しい手順のアドバイスが得られる。

関連URL

大阪教育大学附属天王寺小学校

リーバー

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス