1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. リーバー、筑波大駒場中高が体温・体調を自動集計できる「LEBER for School」を導入

2020年9月30日

リーバー、筑波大駒場中高が体温・体調を自動集計できる「LEBER for School」を導入

リーバーは29日、筑波大学附属駒場中・高等学校と、医療相談アプリ・リーバーを利用した体温・体調管理機能「LEBER for School」(リーバー・フォー・スクール)の利用契約を締結したと発表した。

10月1日から中学校・高等学校の生徒853人・教職員54人が利用する。国立大学附属学校での導入は、大阪教育大学附属天王寺小学校、上越教育大学附属中学校に続く3例目。

LEBER for Schoolは、1人あたり10円/月で子どもたちの健康状態を毎日、自動集計できるスマートフォンを利用したサービスで、つくば市とつくばみらい市のすべての小・中学校や大阪教育大学附属天王寺小学校などでも稼働している。入力結果は自動的に学校に送信され、教職員は健康カードなどの紙で集計することなく、学校全体の健康状況をグラフなどで集団解析することができる。

医療相談アプリ「リーバー」をインストールすれば、医師に家族の医療や健康に関する相談をすることも可能になる。万一、発熱などの症状が続き、コロナウイルスに感染している可能性が疑われる場合も、近隣医療機関の検索が可能なほか、クリニック受診や保健所、専用相談窓口への連絡など、医師から正しい手順のアドバイスが得られるという。

関連URL

筑波大学附属駒場中・高等学校

LEBER for school

リーバー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス