1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 教育同人社、「筆順練習アプリ」が経産省EdTech導入補助金に採択

2020年9月4日

教育同人社、「筆順練習アプリ」が経産省EdTech導入補助金に採択

教育同人社は3日、経済産業省が実施する「EdTech導入補助金」事業に採択されたと発表した。

『指書きレッスンPRO』動作画面イメージ

EdTech導入補助金は、EdTechソフトウェアやITを活用した教育サービスの学校などへの導入実証を行う事業の実施者に、必要な経費の一部を補助する制度。

同事業で導入する、同社の「指書きレッスン」シリーズは、タブレットのブラウザ上で動作し、「漢字」「かたち」「ひらがな」「すうじ」「カタカナ」「ローマ字」「英単語」「にほんご(外国人児童向けに英語・ポルトガル語・タガログ語表示が可能)」の筆順や字形の指書き練習を行うクラウドサービス。

採点機能は意図的に排除し、子どもが正誤判定で意欲を失うことなく、手本を見て練習し、正誤を自分で確認しながら習熟していく活用場面を想定しているのが特長。

今回、同社とともに同事業に参画する群馬県玉村町は、これまでもタブレットPCの導入など、学校へのICT環境整備を推進してきたが、子どもが使うEdTechソフト・サービスの導入・活用には至っていなかった。

そこで、個に応じた効率的な字形・筆順の習熟、クラウドサービスを活かした家庭学習との連携、日本語指導が必要な外国人児童生徒への個別指導ができる「指書きレッスン」シリーズを採用し、導入実証を進めていくことにしたという。

また、同シリーズの「指書きレッスンPRO」と「指書きレッスンGLOBAL」の正式版を、1カ月無料で試せるキャンペーンを実施中。申込みをした学校に所属する児童・生徒であれば、家庭の端末からも利用できる。

関連URL

「無料キャンペーン」

「指書きレッスンPRO」

「指書きレッスンGLOBAL」

教育同人社

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス