1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 400万解答突破の英単語学習サービス「BooQs」、英英問題集の提供を開始

2020年9月29日

400万解答突破の英単語学習サービス「BooQs」、英英問題集の提供を開始

BooQsは、基礎英単語・学術英単語・TOEIC英単語を英語のまま学べる英英問題集の提供を25日から開始すると発表した。

今回BooQsでは、サービス内で学ぶことのできる基礎英単語(NGSL)、学術英単語(NAWL)、TOEIC英単語(TSL)に、「英語の定義から英単語を答える英英問題集」を作成。

英語を習得するには、英語を英語のままで理解できるようになる必要があるという。そして、英語を英語のまま理解するための教材として従来利用されてきたのが、「英英辞書」。英英辞書では、英単語の意味が英文で説明されているため、英単語を英語のまま学ぶのに役立つ。
そのため、英英辞書の活用は、中級から上級レベルの英語学習者にはとても盛んに勧められてきた。

今回のBooQsの英英問題集のリリースは、この英英辞書による学習の利点を、BooQsの英単語学習にも取り入れるための試み。そして同時に、従来の英英辞書による学習の不便も解決するという。

今回のリリースでは、基礎英単語・学術英単語・TOEIC英単語の英英問題集を提供。
英英問題集では、英単語と英文による定義からなる問題を解くことができる。

また、従来の英英辞書による学習では、英文の説明に出てくる英単語がわからない場合などに不便があった。しかしBooQsでは、説明内の単語をタップ(あるいはクリック)するだけで単語の意味を調べられる仕組みによって、この不便を解決したという。

NGSL、NAW、TSLは、学術研究によって選出された頻出英単語リスト。NGSLは、ラジオやテレビなどで使われる一般的英文の92%を網羅した、基礎的な英単語。NAWLは、NGSLとあわせて学ぶことによって、大学の教科書や講義などで使われる学術的英文の92%をカバーする学術英単語。TSLは、NGSLとあわせて学ぶことによって、TOEICに出題される英文の99%をカバーするとされている。

関連URL

英英問題集

BooQs

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi オンラインセミナー2020 新学習指導要領を見据えた学校グランドデザインとICT活用を考える 3校の事例講演あり 11/14(土)
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • ICT授業を止めない、快適なネットワーク環境づくり! ~withコロナ時代に先進学校から学ぶ~ 会期:2020年11月10日(火) 時間:13:00~17:00 主催:マイナビニュース 協賛:FURUNO SYSTEMS WIRELESS NAVI 2020
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス