1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スイッチサイエンス 、「Raspberry Pi Compute Module」の取り扱いを開始

2020年10月20日

スイッチサイエンス 、「Raspberry Pi Compute Module」の取り扱いを開始

スイッチサイエンスは、シングルボードコンピューターの産業用アプリケーション向けモデル「Raspberry Pi Compute Module」の取り扱いを、「Raspberry Pi Compute Module 4」の発売に合わせ、19日から開始した。

「Raspberry Pi Compute Module」は、産業ユーザー向け組み込み機器などにRaspberry Piを搭載したい場合に最適な超小型のシステムオンモジュール。

別売りのI/Oボードと組み合わせれば、USB機器やイーサネット、HDMIやSDカードなどの外部接続インターフェイスをすぐに利用することができる。

一方、「Raspberry Pi Compute Module 4」は、Wi-Fi搭載有無、メモリ、ストレージの容量で、豊富な製品バリエーションを展開する。

同社のウェブショップでは、国内の認証状況やニーズに合わせて段階的な取り扱い製品の拡充を予定しており、まずは「Raspberry Pi Compute Module 4」の5製品から開始する。なお現在、販売準備中で、具体的な販売開始日も調整中。

「Raspberry Pi Compute Module 4」販売概要

■「メモリ1GB / eMMC 32GB」( 型番RPI-CM4001032)
価格(税込):6380円
購入
■「メモリ2GB / eMMC 32GB」( 型番RPI-CM4002032)
価格(税込):7150円
購入
■「2GB / eMMC 32GB / Wi-Fi搭載」( 型番RPI-CM4102032)
価格(税込):8030円
購入
■「メモリ4GB / eMMC32GB / Wi-Fi搭載」( 型番RPI-CM4104032)
価格(税込):1万340円
購入
■「I/Oボード」(型番RPI-CM4-CM4-IO)
価格(税込):5650円
購入

関連URL

スイッチサイエンス「ウェブショップ」

スイッチサイエンス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス