1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 金城学院大、子育て支援施設がオンラインコンテンツ「KIDSセンターcafe」を提供

2020年10月30日

金城学院大、子育て支援施設がオンラインコンテンツ「KIDSセンターcafe」を提供

金城学院大学は28日、同大学が運営する子育て支援施設「KIDSセンター」の設立6年目となる8月から、今の時代の新たな地域の親子支援の形として、おうちで、親子で楽しめるオンラインコンテンツ「KIDSセンターCafé」の提供を開始していると発表した。

「KIDSセンターCafé」は、KIDSセンターの公式HP上で運営するオンラインコンテンツで、おすすめの絵本の紹介動画や、家庭にあるものを使って親子で楽しめる遊び方の紹介、アゲハ蝶の幼虫成長記録など、多岐にわたるコンテンツを提供。コンテンツの制作は、KIDSセンターのスタッフと、金城学院大学人間科学部現代子ども学科日比野直子ゼミの学生が主に行っているという。

KIDSセンターは、新型コロナウイルス感染症の影響で2月27日から休館しており、「KIDSセンターに来られない間も、おうちで親子に豊かな時間を過ごして欲しい」というスタッフたちの思いがあり、そんな中、日比野ゼミの学生の発案により、KIDSセンターの利用者やそうでない人にも、おうちで、親子で楽しめるヒントとなるようなオンラインコンテンツを提供する運びとなったという。「カフェでお茶をするようなイメージで、おうちで、親子で楽しくまったり過ごして欲しい」という思いから、「KIDSセンターCafé」と名付けた。

同センターは6月29日から入館人数を少なくして再開しているが、KIDSセンターCaféで紹介した遊びを実際に遊びの広場で行うなど、リアルとオンラインの場を連動させることによって、これまで以上に充実した親子支援の場が広がっているという。

毎年日比野ゼミの学生がKIDSセンターで行っている利用者との遊びのイベントも、今年はリアルの場とKIDSセンターCafeを併用して開催する予定。KIDSセンターCafé で配信したコンテンツをみて、興味を持ってKIDSセンターに来る人も増えており、今後もKIDSセンターを知ってもらうきっかけとなればという。

関連URL

KIDSセンターCafé

金城学院大学

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス